風俗はパネマジがあるから面白い

川崎と言えば?

川崎はとても大きな街です。周辺をさらに大きな街で囲まれてしまっているため、ともすると地味な印象をお持ちの方もおられるかもしれませんが、実際にはそのような事はありません。むしろ並の地方都市よりも断然賑わいを見せている場所なのですが、川崎は風俗も盛んです。ですので「川崎と言えば風俗」と答える人も多いかもしれません。これにはいろいろと理由があります。「風俗」と言っても広範囲に渡るかと思いますが、川崎には様々な風俗があります。ソープ、ヘルス、ピンサロ。しかもこれらのお店がそれぞれ別の区画にあるのです。通常風俗街と呼ばれる所には様々なジャンルの風俗が一緒くたにされているのですが、川崎に関してはヘルスの密集地帯、ピンサロの密集地帯、ソープの密集地帯がそれぞれ異なっているのです。ですから、「川崎と言えば風俗」と言ってもどのような風俗を連想しているのかは人によって異なるという事です。これもまた川崎の特徴でしょうね。

繁華街川崎の風俗事情!

川崎は繁華街として知られているエリアですが、川崎は風俗が盛んな場所でもあります。しかもです。川崎は全国でも屈指の風俗街です。なぜなら、川崎は風俗のジャンルによって密集地帯が異なっているのです。このような風俗街はあまり見かけません。川崎にはヘルス、ソープ、ピンサロといった風俗があるのですが、それぞれが違うエリアで密集しているのです。つまり、川崎にはヘルス街、ソープ街、ピンサロ街があるのです。これだけではなく、周辺には居酒屋、キャバクラ、飲食店が入り乱れていますので、繁華街のスケールはとても大きいですし、賑わいも凄まじいものになっているのです。風俗として見るとソープ街が一番有名でしょうね。ソープが密集しているエリアにはソープ店が20以上はあると言われているのです。さすがにその規模のソープ街は全国でも屈指ですので、おかげで川崎と言えばソープが有名なのです。ですがヘルスもピンサロもレベルは高いですよ。

川崎とソープの関係

風俗街として知られている川崎ですが、そんな川崎でもっとも多く、有名とされているのがソープです。川崎のソープ街と言えば多くの方がご存じなのですが、とにかくお店が多いです。なぜ川崎にソープが多いのかといえば、これは昔からの名残でもあります。元々川崎は宿場町として発展していたエリアです。東海道の宿場町の一つとして賑わいを見せていた街で、江戸時代には多くの旅人が川崎で一服していたのです。宿場町とは今で言うホテル街です。ラブホテルという事ではなく、旅館的なものですが、旅人を休ませる場所。つまりは満足してもらう場所が、そこから進化していってソープに発展していったのではないかと言われています。いろいろな話がありますが、川崎のソープはとても有名ですので、川崎はもちろんの事、全国から訪れるという人もいるほどの賑わいを見せており、さらにはその人波のおかげでよりサービスの質が高まり、さらに名声を高めているのです。
今激熱の風俗がここにある。全国情報完全網羅!風俗サイトの決定版はココ

PAGE TOP